2007年11月25日

芦ノ湖キャンプ村でリラックス

 2ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
 あやうく自然消滅させるところでした・・・

 今年も行ってきました!
 芦ノ湖キャンプ村です。

 11月3日と4日。1泊2日のテント泊。
 テントは1年ぶりだったので、ちょっとてこずりましたが、なんとか設営できました。

テント設営完了.bmp

 肝心の食事は、肉のハナマサで大量に仕入れた「牛タン」をふんだんに使ったタンシチュー。2〜3時間煮込むと、タンがすっごく柔らかくなるんです。。写真だと、普通のビーフシチューみたいですね。。

 タンシチュー.JPG

 一応お風呂の設備があるんですが、午後7時くらいで終了だそうで、湯冷めで風邪ひきたくないので遠慮しました。帰り途中に、立ち寄り湯に入りました。

 11月の屋外は寒かったですが、万全の装備で行きましたのでテントでも安眠できましたよ。。
 翌朝も天気が良く、紅葉と羊雲の景色が最高でした。

 紅葉と羊雲.JPG

 羊雲ドアップ.JPG


2007年08月15日

真夏のバーベキュー in 九十九里

 お盆の帰省で、実家へ帰りました。
 海までクルマで30分なので、数年ぶりに家族でバーベキューへ行きましたよ!


 炭が本気を出してくれるまでの間、お腹空いちゃいますね。
 
 そんな時は、すぐに調理完了できる「貝モノ」がおすすめです。

 いつもはハマグリですが、今回は奮発してサザエ!
 さした醤油がグツグツしている画が好きです。

 サザエ焼き


 ちなみに、この日の気温は34℃。
 尋常ではない暑さでしたが、空はこの通り、テッカテッカの日本晴れ!

 でもってバーベキューにおける永遠の課題は、イスを用意しても、なんだかんだで立ち食いになっちゃうこと!

九十九里海岸ブログ用.JPG

2006年10月20日

バウアーハウスジャパンでストレス解消

 神奈川県のバウアーハウスジャパンに行ってきました。。

 ガイドブックによると、「カップル&ファミリーしか利用できないキャンプ場」と書かれていたので、前々から気になっていました。

 混み合う時期ではないので、あまり利点を感じませんでしたが、夏に来るには良い制度かもしれません。。夏は馬鹿騒ぎする集団がいますから、そういうグループが入れないというのは良いですね。


 食事ですが、今回はダッヂオーブンを使ってパンを作りました!
 初の試みなので不安もありましたが、おいしく仕上がりましたよ。。
 
〓〓.JPG


 先週買ったライスクッカーセットは、コーヒー用のお湯を沸かす程度の活躍しか出来ませんでした・・次回は使いこなせるようにレシピを考えて行きます。。


 ちなみに、ロケーション・清潔さ、共に満足できるレベルでした。。
 

 ただ、管理人のおっちゃんが気に入りません。
 初対面なのにタメ口なんですよ。
 なんか、生理的に、タメ口で話しかけられた時にムカついたんです。
 
 たぶん、世の中には、初対面の人にタメ口を使ってよい人とダメな人がいると思うんですよね。この人は後者なんですよ。妙に腹が立つんです。なので、残念ながら、再訪はありません。
 
Ь.JPG 

 ストレス解消具合は、60点というところでしょうか。

2006年05月28日

PICA富士吉田でコテージ泊してストレス解消

コテージキャンプで有名なPICAです。
http://www.outdoorpica.co.jp/

クリスマスキャンプと称して、富士吉田へ行きました。
中央高速のICから近く、都内からのアクセスが良いのが魅力です。

PICAといえばコテージなので、というか、12月24日という時期もあって、当然コテージにしました。

テラスがついているので、バーベキューグリルとダッチオーブンを使った食事を作りました。



なので、基本的にコテージは寝るだけです。


それにしても、とにかく寒かった!!

水場へいちいち行くのが面倒なので、10リットルのタンクを持っていったのですが、翌日の朝には、水が全部凍っていました・・・

恐るべし、真冬キャンプ。

でも、澄んだ空気が気持ち良くて、リラックスできましたよ。。


117_1742-1.JPG


2006年05月23日

BOSCO AUTO CAMP BASE でストレス解消

おすすめキャンプ場の紹介です。
丹沢(神奈川県)にある「BOSCO AUTO CAMP BASE」です。。
http://www.moroto.co.jp/bosco/index.html


僕が気に入っているのは、以下の2点。
1.場内に湧き水があること。
2.場内を縫うように川が流れていること。

コンビニでは500MLで120円は払わないと飲めない丹沢の清水が、じゃんじゃん湧き出てるんですよ!

この水と飯盒の組み合わせでお米を炊けば、銀座の料亭並みの白米ができあがるかも。。
もちろん、そのまま飲んでも、おいしいです。。

僕は水の専門家ではないので、なんとも言えないですが、都内の水道水とは雲泥の差であることはわかります。。

さて、重要なのは「川」の方。
オートキャンプ雑誌に、「川遊び可」や「川遊びができる」と
書いてあっても、実際は特定の区画でないと楽しめないケースが
多々あります。

BOSCOは違います。

どの区画を割り当てられても、必ず近くに川が流れています。
僕は、川のせせらぎを聴きながら、焚き火をボーっと眺めるのが
至福の時です。。

ぜひ、お試しください。。
癒し効果抜群です。。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。