2012年07月11日

不愉快なニュースにイライラ

最近、いじめによる自殺や、子供への虐待に関するニュースが多い気がしませんか?
定点観測による統計ではなく、私の感覚ですので、あまりあてにならないかもしれませんが、この1週間、非常に多く感じます。

いじめは、随分昔から一定の頻度でメディアでも話題になっていましたが、我が子への虐待というのは全く理解できません。(いじめを容認するわけではありませんので、誤解のないようにお願いします。)

その内容も、想像するだけで吐き気をもよおすというか、こっちの頭がおかしくなって発狂したくなることがあります。
一番記憶に残っているのは、ある週刊誌の電車吊り広告に書いてあったフレーズです。
「幼い子供を解剖して出てきたのは、空腹のあまり食べたオムツ、段ボール、プラスチック」

いまこうやって書きながらも、胃は重くなり、呼吸が早まるのを感じます。
ストレス溜まりますね。

私には一歳の娘がいるので、とにかく子供の話題に敏感になってしまいます。
しかも、妻と不妊治療を続けながら、結婚5年目にしてやっと生まれてきてくれた子供ですから、感謝と愛情しかないですよ!
人間ですから、たまにイラっとすることはありますが、寝顔を見たら全て忘れて、「生まれてきてくれてありがとう」とキスしちゃいます♪


たとえ意図しない妊娠だとしても、子供に罪はないですよ。親同士の行為でできるんですから、子供は親を選ぶことはできません。
生まれてきた子供は、親が全てなんですよ。親を頼らなきゃ生きていけないんですよ。
一生懸命親を頼ってくる子供に手をあげるなんて、神経を疑いますよ。
posted by かっちゃん at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスが溜まる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。