2012年06月21日

ストレスは万病の元

昔から、風邪は万病の元と言いますよね。

私は、ストレスの方が何倍も万病の元になっていると思います。

貨幣状湿疹、自家感作性皮膚炎、自律神経失調症(不安感、胃の不快感、吐き気、めまい)、私だけでもこんなに症状が出ています。

特に、貨幣状湿疹と自家感作性皮膚炎の併発はつらかったです。当時私は20歳。大学3年の頃でした。
顔、腹、尻以外は全身に症状が出ました。
1年くらいたって、徐々に治まってきた感じですね。

収まったとはいっても、ジュクジュクした感じが治まっただけで、「跡」はなかなか消えません。人の目を気にせず温泉に入れるまでは8年くらいかかりましたね。

特に、背中とふくらはぎの「跡」がしぶといんですよ。
さらに、私は人より色白なので、とにかく目立つんです。
跡が薄くなるまでは、温泉で他人に背中を見られないように、おかしな動きをしていました。

初めての発症から15年近くたった今も、冬になると二の腕の外側や脇の下あたりに発疹が出ます。
昔ほど重症化はしなくなりましたが、またあのときみたいになったらどうしようかと、ビクビクしています。

まだ経験したことのない幸せな人に言えることは、かゆいなと感じた時、ボリボリかいてやり過ごさず、さっさと病院に行きましょう。
posted by かっちゃん at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスの真面目な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。