2006年09月30日

敷金返還交渉のストレス

 引越しして2ヶ月が経ちましたが、やっと敷金返還が終わりました。

 学生時代から数えると3回目の引越しですが、毎回毎回、敷金のことでストレスを抱えてしまいます。

 オーナーは、どうしてこんなにも民法などの知識を持ち合わせていないのでしょうか。。きっと、何もかも管理会社に丸投げなんでしょうね。
 かといって、管理会社も当てにならない。
 オーナーとの関係を壊したくないから、必ずといっていいほど、オーナー側についてしまう。

 彼らの主張はいつも「この費用は、みなさんにお支払いいただいているんですよ。」と決まっている。。

 いやいや、そういう問題じゃないでしょ。
 
 この費用は借主が支払うべきものだという根拠を言ってくださいよ。
 感情論と慣例の話しか出てこない。
 「契約書のここに書いてある」という話は一切ない。

 みなさん、ボッタくられないように気をつけてくださいね。。
 敷金返還訴訟では、その多くが借主勝訴なんです。





posted by かっちゃん at 23:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | ストレス解消法・発散法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普通に、敷金を払っていました(-_-;)
ただ、退去時には物凄く掃除をして出て行くので、
敷金のほとんどは返還されてます。(畳大を除く金額)
私が納得できないのは、内地は礼金ってのがありますよね?
1か月分も取りやがって!
石垣でも最近は礼金を取りますが、
ちょっと前までは、礼金って有りませんでしたよ〜!
新規契約が成立した時に大家さんだけが払っていたみたいです。
Posted by 納得できない女 at 2006年10月04日 13:58
礼金というのは、化石のような慣習だと思います。家主優位の時代のなごりが今も続いているなんて、納得できないですよね!
Posted by かっちゃん at 2006年10月07日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。