2006年09月10日

会議のストレス

 営業から商品開発担当に異動してから、異常に会議が多いなあと感じています。。
 会議の種類が多いのは構わないんですが、時間の長さが気になってしょうがない。イライラ。

 僕が考えるに、原因は、「事前にメンバーへ議題を通達し、それぞれの意見を持って参加するように促していないから」だと思います。

 会議の場になって突然、「あなたはどう思う?」と全員に意見を求めても、場当たり的な内容になっちゃうと思うし、調べないとわからないこともあると思うんですよねえ。。ストレス爆発。

すごい会議−短期間で会社が劇的に変わる! [単行本] / 大橋 禅太郎 (著); 大和書房 (刊)

すごい会議−短期間で会社が劇的に変わる! [単行本] / 大橋 禅太郎 (著); 大和書房 (刊)
 
ちょっと変なタイトルなので、買うのに戸惑いましたが、効率的な会議の進め方が簡潔に書いてありますので、勉強になると思います。

 気に入った文面を引用します。
 「放っておくと会議の時間の95%はコメントの交換に使われている。これを、明確化のための質問・代替案の提示・リクエストの3つだけに絞ると、面白いほど会議が前進する」



posted by かっちゃん at 19:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | ストレスが溜まる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(*^o^*)
かっちゃんさんの会議への意見。分かります。私は説明ベタなので、とっさに意見を聞かれると、当たり障りのない意見になっちゃうのです。あとから、「あぁ、こんな事を言いたかったのに…」なんて思う事がしばしば。前もって考えさせてくれたらもっといい会議になるでしょうね(>_<)
Posted by まつ at 2006年09月15日 23:51
まつさん
コメントどうもです。。
ちょっとずつですが、うちの会社でも「すごい会議」の手法を取り入れていきたいです。
それにしても、スタンドの店員さん、冷たいですね・・・
Posted by かっちゃん at 2006年09月20日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。