2006年08月11日

ストレスと皮膚病の話

 貨幣状湿疹が悪化して、自家感作性皮膚炎になっちゃいました。。

 なんか、漢字ばかりですが、難しい話ではありません。
 脇の下あたりにできた真ん丸い湿疹を放っておいたら、あちこちに飛び火してしまったというだけです。。

 初めて症状が出たのは大学3年生の冬でした。
 あの頃はもっとひどくて、「あちこち」ではなく「体中に」広がっていました。
 この病気のたちの悪いところは、湿疹の部分の皮膚がいつまでも乾燥せずに、ジュクジュクしたままなので、服をリンパ液で汚してしまうんです。。
 だから、体中にガーゼをあてて生活していました。。

 今回は、腕と足くらいなので重症ではないですが、やっぱり転勤でストレス溜まってるんですかねえ・・・

 医者から「メサデルム」ってやつを処方されましたが、あまり効き目が良くないので、楽天市場で見つけた「ドルマイコーチ軟膏」を使っています。。これなら1日2〜3回で充分です。

 とはいえ、あまり薬に頼りたくないですねえ・・・
 お盆休みは、のんびりソファに寝転がって本でも読もう。




posted by かっちゃん at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自家感作性皮膚炎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。