2011年03月17日

原発爆発という人災

 このブログでも紹介しましたが、ジャックバウアーが活躍するドラマ「24」が好きです。
 あるシリーズでは、テロリストによる核燃料爆発を阻止するというシーンがありました。
 字幕スーパーで「燃料棒」と訳された言葉が何度かあったのを記憶しています。

 <過去の記事はコチラ>
 http://no-stress.seesaa.net/article/56622162.html


 一方、現実の世界。
 2011年3月15日
 朝日新聞の見出しは「燃料棒、すべて露出」

 まさか、現実に「燃料棒」という単語を聞くことになるとは思いもしませんでした。


 言いたいことはいろいろありますが、結論は、地震と津波は災害、原発の爆発は人災だと思います。


 過去の国会答弁によると、東京電力や政府は大津波が来る可能性はゼロではないと認識していたはずです。
 にもかかわらず対策をとらなかった。

 電力会社が管理している設備の最後の砦が、電力喪失によって機能しない。
 冗談にもほどがありますよ。
 ストレス溜まりまくり!

 まずは原発の暴走を止めて安定させ、廃炉にすることが最優先ですが、その後、東京電力は解体し、電力について別の組織が複数社で経営するのが良いと思います。1社独占では殿様商売となり、いつか「おかしく」なってしまうのです。
 リストラや給料カットで済ませるわけにはいきません。


 原発なしで生活するには、他の手段で電気を補う必要がありますよね。
 どのくらいの電力が生まれるのかわかりませんが、僕は太陽光発電が良いと思います。

 SHARPは先見の明がありますね。

 「救うのは、太陽だと思う。」

 CM動画はコチラから。
 http://v.youku.com/v_show/id_XMTYzMTc5MjM2.html


 まさに、地球を救うのは太陽なのかもしれません。


posted by かっちゃん at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスが溜まる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。