2014年03月30日

なぜ、生きているのか?

 あなたは、なぜ生まれてきたのですか?
 なぜ、今、生きているのですか?

 ふとした瞬間に、こんなこと考えちゃいませんか?
 
 私の場合は、しょーもない仕事で毎日が過ぎ去っていくなーと感じると、それに刺激されて(?)ふと考えこんでしまいます。

 昔は、「幸せな家庭を作って、適度に稼いだらアーリーリタイアして、住所不定の旅を楽しむ」というのが自分の答えがあって、ここにたどり着くと「そうだそうだ。おれが生きているのは意味がある」と納得できていました。

 ですが、30半ばを過ぎた今、アーリーリタイアは訪れないのでは、、、と不安になっています。

 みなさんはどんな答えを持っていますか?

posted by かっちゃん at 00:12 | Comment(0) | ストレスの真面目な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

結婚式の二次会

友達の結婚式の2次会。

ホントは楽しいはずなんだけど、苦手なことがいろいろあって楽しめずに緊張しちゃう。
まず、会場入りしてすぐに撮られる写真。

「笑顔でお願いしますねー」と言われるものの、確実に表情がこわばる。
写真ならまだ良い方で、ビデオを構えながら「お祝いのメッセージをお願いします!」と。
これが最強に緊張してしまう。。
この時点で脇汗びっしょり。


ほどなくして乾杯。
あ、乾杯の挨拶は頼まれたことないから、ここでの緊張はない。

しばらくご歓談

空きっ腹だが、早いこと酒を体中に巡らせて緊張をほぐしたい。
近くに知り合いがいれば思い出話などで和む。

だんだん気持ちに余裕が出てきた頃。
司会者は威勢良く、ご歓談の場を中断し、悪魔の宣言をする。

「さあ、みなさん、お待ちかねのゲームの時間です。
会場受付で渡された番号札を確認してくださいねー」

あー、もうこの時点で心拍数が上がってくるのがわかる。

大多数にとっては、自分が賞品をもらえるかもというワクワク感なんだろう。

でも、私にとっては、
司会者の気まぐれで掴んだ紙に書かれた番号と同じ札を持ってる人が、本人の了解もなく皆の前に立たされ、やりたくもないゲームをやらされるという暴力に巻き込まれる。
としか思えない。

あれ、やりたい人だけにしたらいいのに。
実際、あたりたくないから、札を受付でもらわなかったことあるし、運悪く当たってしまったときに名乗りでなかったこともあるよ。。

こういう、強制参加的なのがなければ、もっと楽しくできるんだけどな。
posted by かっちゃん at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスが溜まる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。