2009年06月06日

パキシル卒業の日

 今日は、人生の中で数少ない記念すべき日となりました。

 なんと

 自律神経失調症の治療のために3年と7カ月も飲み続けた「パッキー」こと「パキシル」を卒業しました!!!!!


 ここ数カ月、2日に1回のペースで飲んでいたのですが、ちょっと怠けて3日に1回でなんとか頑張っていました。

 薬の残りがわずかになってきたなあと思い、クリニックを予約して行きました。


 「調子はいかがですか?」←先生の発言

 (またいつも通り決まった質問だなあ)←心の声

 --調子はそこそこですよ。ここ1カ月くらいは3日に1回だけに減らしています。←僕の発言

 「3日目に、めまいや不安感はでませんか?」

 --たまーに、めまいがありますが、安定剤(デパス)を飲むほどではないです。

 「そうですか」




 (なに、この溜めは?)




 「では、今日でお薬をやめましょう!」


 (ん?急にテンション上がったなーこの先生。)


 --飲まないでいいんですか?


 「ええ。だって、パキシルは3日も効きませんから、治ってきている証拠ですよ。」


 --はあ・・・え!ほんとですか!


 「はい。今日からお薬はいりません。」



 (うぉーーーーーーーーーー!)←もちろん心の声


 というわけで、とうとうパキシル卒業の日が訪れたのでした。

 どこまでいけるかわかりませんが、脱ドラッグ生活を応援してください!
タグ:パキシル
posted by かっちゃん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスの真面目な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。