2008年10月02日

人にシャンプーされるストレス

 今年の6月頃から、美容院を変えました。
 なぜなら、前の美容院にいた兄ちゃんがヘマをしたから。

 7年もスタイリストやっているのに、客の服の中を「毛だらけ」にするなんて、ありえないよね・・・
 毛だらけの僕を見て、彼は相当焦ったらしく、床のホコリを取る「コロコロ」で僕の首やら鎖骨やらをグリグリしてきました。


 お世話になりました。
 

 まあ、そういうわけで、新しい美容院に通ってるわけですが、3回目くらいの時に「マッサージシャンプー」なるものを無料お試しでやってもらったわけです。

 しかし

 頭皮をグイグイ押されながらシャンプーされているうちに、僕の心臓がドキドキしてくるではありませんか!?

 これは、シャンプー姉さんへの恋ではなく、発作の前兆なワケですよ。

 例によって、手汗ダラダラ、服にシミができるほどの汗を噴出しながら、「大丈夫、大丈夫」と心の中で念じました。


 「カバンに薬が入っているので取ってください」の「カ」と言いかかった所で、『お疲れ様でした』の声。
 ドキドキ感は続いているものの、多少、やわらいでいくのを感じたので、なんとか緊急事態は免れたのでした。

 この感覚は、パニック障害や自律神経失調症を持っている人にしかわからないだろうな・・・
 前はシャンプー気持ちよかったんだけね。

posted by かっちゃん at 00:00 | Comment(0) | ストレスが溜まる話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。